×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


カフェイン中毒の種類

タイトル
サイトTOP相互リンク集相互リンクの詳細相互リンク申請フォーム

サイト内コンテンツ
カフェイン中毒の種類
カフェイン中毒症状
禁断症状
カフェインを含む飲食物
問い合わせ
サイトマップ
カフェイン中毒という症状には、2種類あります。
一つは、慢性中毒。もう一つは、急性中毒です。
慢性中毒とは、長期に渡りカフェインを摂取し続けることによって起きるもので、急性中毒とは、一度に多量のカフェインを摂取したために起きる急性中毒です。
当然ですが、急性中毒の方は、相当な量を短時間に摂取した場合に起こるモノで、これは、もう病院に行くのが最も良いでしょう。
当サイトでも、取り上げている「カフェイン中毒」とは、長期間にわたり摂取し続けて起こる「慢性中毒」の方です。
カフェイン中毒は、その症状の原因がカフェインであるという事に気付きにくい事が一番恐ろしいともいえます。
しっかりと、どういった症状がでるのかを把握しておいて下さい。

Copyright:(C)カフェイン中毒にご用心 since2006. All Rights Reserved.
カフェイン中毒にご用心に掲載されている内容の無断での転載・転用を禁止します。